CLUB TOMABECHI 人気講座

会員ではないみなさまにも人気講座を体験してもらうべく、一部のコンテンツを公開しています。深遠なる苫米地ワールドの一端を体験してください。現在は「教えて!苫米地先生」がご覧いただけます。

教えて!苫米地先生「瞑想とは何のか? あらためて考えてみると...」

2018/11/ 9 更新

苫米地理論の基礎や世の中の重要な出来事や概念について、「今更聞けない......」なんていう素朴な疑問を、ドクターの出版企画に数多く携わるライターの中村カタブツ君氏が、ドクターに直接インタビュー&構成し、誰もが理解しやすいテキスト形式でお届けしているのが当講座です。

昨今、ブームのように、瞑想やマインドフルネスが語られる機会が増えています。それらの手段を通して、自身の心と向き合うことへの有用性があらためて認識され始めているようです。

しかし、それらを実践する人々は瞑想の方法には関心を持ち、学んでも、瞑想がもつ本質的な意味合いやその歴史については理解していないことが多いのではないでしょうか。瞑想はなぜ生まれ、何を実現するためのものなのか。

瞑想について幾度か取り上げてきた本講義ですが、今回はその本質をドクターが解説します。

ドクターいわく、「瞑想は西洋人には必要。東洋人として普通に育ってきた人には不必要」「日本文化の中には瞑想にあたるものが自然に入っていた」。

この言葉の背景を紐解くことで、瞑想の本質や成り立ちが見えるだけでなく、戦争や格差、差別など、現在、世界の人々を苦しめる問題がなぜ生まれてきたのかということへの理解も深まるはずです。さらに、マインドフルネスという瞑想的メソッドがそうした社会から生まれてきた因果関係や瞑想との違いも明確になるでしょう。

瞑想という抽象的思考法すら、究極の抽象的思考で分解し、現代社会との課題と論理的にリンクさせてしまうドクター。最後は、日本を覆う病巣の正体にまで辿り着くことになります――。

続きを読む

  • 1

全1件 / 1件~1件を表示